時給500円で話題のNimoTVの審査が通って2週間利用してみた

最近ミルダムを筆頭に流行ってきている、配信をするとお金がもらえて
配信を仕事にしたい配信者を支援してくれる配信サイトが出てきています

今回はミルダムを知ったのが遅かったせいか審査に落ちてしまったので
その次に出てきたNimoTVに申し込みをした結果時給500円の審査が通り
2週間ほど利用してみた感想を、まず良かったところからご紹介しようと思います

確実に報酬がもらえるということで配信するモチベーションが上がる
やはり綺麗事を抜きにすればここが人類平等一番良いところでしょう
どんな配信者でも最初は「配信しても人が来てくれない」「見てくれる人がいないと喋っても虚しい」
結果的に配信をしても成果がなくつまらないという思いをする人はたくさんいると思います
そういう人にとっては頑張ろうと思えるきっかけになるのは間違いないですよね

私自身もこんな弱小配信者と契約してくれたNimoTVに最低限の恩を返せるよう
配信してきましたし、この記事も書いています


NimoTVは配信者側としては配信しやすいサイトである
OBSという配信ツールのアドレスも配信者によって固定化されており
ニコニコやオープンレックのように配信毎に設定する必要がない
ここは軽視しがちですが、配信者の視点からするとかなり大きいです

配信のラグも比較的少なく、配信を始めやすいサイトであるのはとても良い点です

配信者レベルという仕組みがちょっと面白い
NimoTVでは配信者レベルというシステムがあり、それが上がるごとに配信者として利用できる機能が少しずつ解放されて行きます
ed88b2ce42c51015151bf3b8a229d02a.png

例えば初期の時点ではコメントの管理者を20人追加できる機能とクイズ機能しか解放されていませんが
Lv6になると配信をすると録画が残り、それを公開する機能と配信中の動画の短時間の切り抜き機能が利用できるようになります

このレベルは配信を視聴することで得られるコインか課金のダイヤか毎日配信すると経験値がもらえるようになっており
配信者レベルを上げて自分の配信者の機能を充実させていくという楽しみ方も
ないよりは意外と楽しめると思いました

ここからは現状の問題点です
審査を通してくれた恩があるのでNimoTVを悪く言うつもりはありません
ただNimoTVのみならず、OPENRECMildom等どんな配信サイトにも現実的な問題点というのはあります、それをお伝えしたいと思います

日本人の知名度、視聴者が足りない
配信者が呼んできてくれ、という声がNimoTVの運営さんからは聞こえてきそうですが
やはり現実問題として配信者が増える仕組みだけでは視聴者を増やすのは難しいです

配信者としては見る人が増えるのが大きなモチベーションに繋がる要素の一つですが
それが今まで有名だった配信サイトに比べてNimoTVで望めるかというと難しいからです

この改善には最初の方法としては
「視聴者が配信を視聴すればするほどプレゼントがもらえるキャンペーン」のようなものが良いのではないかと思います
配信者だけをたくさん引き抜いてきた配信サイトOPENRECの現状を見る限り
同じように配信者だけを呼び込んでも配信サイトとして大きくなるのは難しいという結果が見えています
いろんな配信を見てくれる視聴者を呼び込むことが出来れば一番盛り上がる要因になるのは間違いなしです

配信する側としては本当に使いやすい配信サイトという感想でしたので
これからNimoTVが盛り上がってくれることを期待しております


以上がNimoTVの紹介と使ってみた感想でした
いかがでしたでしょうか、配信者・視聴者の方の参考に少しでもなれば幸いです

Mildomに比べてNimoTVは審査も比較的通りやすくしてくれているようなので
これを見て「配信を仕事に出来る配信サイトがあるのか」と知った方は
こちらから応募してみてはいかがでしょうか?

最近の主な配信サイトの状況

Youtube
みなさんご存知の無料動画共有サイト
利用者数は間違いなくナンバーワン
Youtuberドリームを掴むために投稿者と配信者が増え続けているが
動画を投稿したら簡単に儲かるか?と言われると一握りの人間以外は儲からない

時代はYoutubeみたいな風潮が強いが広告料減少や
配信(YoutubeLive)サイトとしては不便な作りで
コンテンツ(内容)よりも配信者依存が強いため
下積みしてきた配信者以外は基本的に存在すら知られず消えていく
どちらかといえば下降傾向にあると考えている

基本的に利用者が特定のキーワードを検索する以外に
新規の視聴者が配信、動画に気付く導線がないため
あらかじめTwitterなどからの誘導がないとそもそも番組に気付かれない
そのため公式イベントとしての配信にはどちらかといえば向かない
動画を見ることに関しては使いやすいが配信サイトとしては使いにくいのが実情

ニコニコ動画
かつては動画、配信サイトとして革命を起こしたサイトであるが
あぐらをかいている間にニコニコを超えてやるという他サイトに追い抜かれてしまった
が、ニコニコは昔からアニメ本編の公式配信やイベントを開催しているのもあり
アニメ、ゲーム、声優番組の公式放送としては現在でも強い場所であると言える

ユーザー配信、動画に関しては高齢化とYoutubeへの移行が進んでいて
現在でも配信をビジネスとして徹底している配信者はチャンネル会員を集めて
YoutubeやOPENRECと比べても遜色無く稼いでいるようだ

最近VTuberに力を入れているが
VTuberの活動の場はニコニコではなくYoutubeなため空回りしている
今後は10代とゲーマーの取り込みが課題か

OPENREC
比較的新しい国内向けゲーム配信特化サイト
各所から有名配信者を引き抜いて契約を結んでいる模様
ニコニコのチャンネルと違いリスナーに月額会員を強いらず
配信業を会員数に縛られず自由にやらせてもらえる分
ゲーム配信者にとってやりやすいという人も少なくないようだ
ただやはり元々別の場所で配信していた配信者とその固定リスナーで成り立っているため
OPENREC発の配信者というのは未だ生まれていない

RAGEという独自の大会イベントを行っていて
シャドウバースのイメージが一番強い配信サイトだ

以前は視聴する側としても重い、ラグなども多く不便であったが改善している
特にアーカイブが無料で1日2回まで見れるようになってからは
とても利用しやすくなった、検索やフィルタ等も使いやすい
個人的にPC環境で画面サイズが広めなのも良い点だ

やはり新規リスナーの獲得は悩みで永遠の課題のようである

Twitch
海外(主に北米やEU)で一番有名と言っても良いゲーム配信特化サイト
League of Legendsの大ヒットと共に日本でも認知されるようになり
その後Overwatch(オーバーウォッチ)、PUBG、Fortnite(フォートナイト)などを経て
主に海外ゲーム、洋ゲー、FPSのゲームを見るなら
Twitchという文化が日本人にも定着した

海外大会や最近では国内のLoLの大会など多く配信しているため
目の肥えたコアゲーマーに人気の配信サイトであるといえる
それもあってか国産ゲームの日本人配信は弱いが
現状Eスポーツの配信といったらTwitchであり国外、国内を巻き込んで
競技的なゲームには圧倒的な強みがある

ちなみに日本人のTwitch配信者としては恐らくStylishNoob氏が一番有名だろう
Overwatchの元プロゲーマーであり現在はDeToNator所属のストリーマーだ

以上
特定のサイトをひいきする気はなく辛口かもしれないが
どのサイトも利用させてもらっている一動画勢による各配信サイトの状況と紹介だ

よく各サイトの利用者でどこが良いか、Youtubeの時代みたいな話を見かけるが
各配信サイト毎に向き不向きのジャンル、コンテンツがあるのがはっきりしてきたという印象なので
特定のサイトがオワコンという認識は間違っている(特にニコニコが言われている)
特に最近のYoutubeが一強という風潮に違和感を感じるので
OPENRECやTwitchにも自分の面白いと感じる配信者がいるはずなので見つけてほしい
(今度OPENRECの軍師ミノルさんという個人的に好きな配信者の方を紹介しよう・・・)

ニコニコ動画に関しては私は主にアニメと声優番組視聴サイトとして利用しているので
アニメが好きな人にとっては今でも良いサイトだと思う
dアニメストアの会員にもなってますが、かなり多くのアニメをコメント付きで全話見れるのでおすすめです
定期的にニコ生で一挙放送もしていて「これ見てなかったな」って作品を見るきっかけになるので便利です
ゲーム配信サイトとしては弱くなったという印象ですが
動画は比較的権利に緩い強みも依然ありますね(淫夢やMAD関連等)

今後大会やイベント、個人配信者も含めてこういった配信があるよという紹介も少しずつしていこうと思っています
各サイトのおいしいとこ取りして良い動画勢ライフ

内容に共感出来たという方は良ければTwitterのフォローや記事の拡散などよろしくお願いします

プロフィール

管理者:ましろ@動画勢
現在リンクスリングスにハマっています。

告知用ツイッターです。良かったらフォローお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR