最近リリースされた新作スマホゲームレビュー(9月末編)

ゼノンザード 星4/5

AIと共にAIと戦うがテーマのデジタルカードゲーム
ぱっと見とっつきにくさはあるが、システムを理解すると「なるほど」と面白さが分かるタイプ
この時代、デジタルカードゲームはシャドウバース、ドラゴンクエストライバルズ、ハースストーンなど沢山出ているが
このゲームの大きなオリジナル要素として相手と試合する時は必ず「相手の育てたAI」(CPU)と戦うという点だ
それによって一人用モードを遊んでるような感覚で負けてもストレスが少なかったり
裏では同時に自分のAIvsAIが行われており勝つとポイントが減らなかったりする
AIだから弱くない?いいえ、そのAIが強いんだから面白いのである

プロデューサーの未来の構想も面白そうなもので11月には大きな会場で大会があり
予選AIと戦い上位成績者に最強AIと戦う権利を与え、その場で表彰するようなイベントが行われるらしい
しかも登場キャラクターのライブもあるとか・・・!
このゲーム自分の選んだキャラクターによってBGMを変えられるのだが
そのBGMが良いのである、ドラマティックミステリーとスリルが特におすすめ

9月26日
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ) 星4/5

音ゲーの見た目をしたキャラ育成ゲーム
μ's、Aqours、虹ヶ咲学園の総勢27人が曲に合わせてリアルタイムに踊る3Dのグラフィックのレベルはそこそこ高め
ラブライブ!ファン向きのゲームであるが、課金すればするだけユニットが強くなっていき
衣装をゲットしたり、編成の自由度が上がり高難易度の曲がクリアできるようになるので
編成による戦略性もそこそこ深く作られていてゲームオタクで課金が好きな人には刺さるゲーム設計になっている
育成ゲームと理解すれば無課金の人でもコツコツと育てようという気になれる点も良いところだろう

逆に純粋な音ゲーを求めてる人、腕前に自信がある人には「音ゲーじゃないじゃん」となりがち
今後はそういう人も取り込むようなアップデートが必要だろう

マリオカートツアー 星1/5
人間と対戦しないマリオカートって面白いですか?

9月30日
リーグオブワンダーランド 星3.5/5

よくあるクラロワ系と呼ばれる、ユニットを出して戦わせ相手のタワーを破壊したら勝ちのゲーム
今までそういったクラロワっぽいゲームは総じてパッとせず
サービス終了してしまったゲームも多いので代わり映えしないのは大きなデメリット

だが、じゃんけんしているかのように試合のテンポは良く
無課金でも使っているカードを少しずつ育成出来るシステムや
サービス開始からリプレイ、リアルタイム観戦機能が実装されている点など光る所はある

ただしやはり対戦ゲームにおいて強化要素は足を引っ張ってしまう
無課金に優しくすれば売上は伸びず、課金ゲームにすれば過疎る
ただでさえ新作はユーザー数を確保するのが大変なご時世なので
ユーザー数と売上を両立させるのは厳しいだろう

10月1日
東方キャノンボール 星2/5

東方キャラで遊ぶボードゲーム
ボードゲームのシステムは同人ゲームレベル
疑問なのだが、課金してボードゲームで勝って楽しいだろうか?

ボードゲームって運の要素を楽しむわちゃわちゃパーティゲームだと思うんですよね
でもこのゲームはほぼほぼユニットの強さで勝敗が決まります
みんなある程度公平にボードゲームを楽しむゲームだと思っていただけにガッカリである

オープニングアニメがすごく良い出来なので是非見てほしいのですが
OPに全振りした結果ですね・・・

いかがでしたでしょうか?
今回は贔屓なしにリアルなレビューが出来たと思います