最高のゲームの最悪な運営会社を分かりやすく解説します part1

リンクスリングスを知らない人がブログを見る可能性があるということを
気付かされたのと、さすがに類を見ないほどに酷い運営なので
後世に語り継ぐためにもリンクスリングス(以下リクリグ)を知らない人でも分かるように
ここの運営はどこが酷いのか?どこが悪いのか?を説明しようと思います

まず、リクリグがどんなゲームかの説明を
スマホで出来る4対4のチームバトル、歩くことで足元が自陣の色になり
3分間で相手より陣地を多く取った方の勝利というルールです

linqsrings.jpg
ぱっと見「有名なイカのゲームのパクりかな?」と思うようなシステムですが

幅広いニーズに応えるキャラクターデザイン・スポーツ感のある爽やかな世界観の形成と
実際にやり込んでみるとシステムも細部まで良く出来ていて
個人的に革新的でとても面白いゲームだと思っています


ここから本題の1つ目、格差マッチングの問題です
このゲームは野良と呼ばれる全員が一人ずつで合計8人集まって試合するモードと
固定と呼ばれる気の合う仲間と4人で組んだ同士で対戦モードがあります

ここで大きな問題があるのは固定の方で簡単に言うと
20000試合やってる人と数十試合しかしてない人が当たります

このゲーム、キャラクターレベルや武器の育成、アクセサリーという性能の強さに差が生まれる部分があり
試合数の少ない間はその強化が充分に出来ていないせいで試合経験以外に性能面でも不利を強いられます

私自身もプレイ回数が少なかった間は性能面での不利を感じながらも地道にプレイしていました
育成が終わってる人は低ランクの気持ちが理解できません
この強化要素も初心者狩りに拍車をかけています
そしてこの問題をサービス開始からもうすぐ5ヶ月ですが、ずっと放置し続けているんです

例えるならプロボクサーが小学生の女の子と殴り合いの喧嘩しているのを警察が見て見ぬ振りをしている状態です
10.jpg
※画像はリクリグに登場してバランス崩壊によりユーザー減少の要因にもなったキャラクターです

まだ初期は良いですが1ヶ月も経てば上手くないけどリクリグ楽しい!っていう4人仲間で楽しく遊ぼうとしたら
何千倍もの試合数のチームに一方的に狩られてやめたくなるという状況が何ヶ月も続いているわけです
ユーザーが減るのは誰が見ても当然ですよね?

そして、ゲームが得意な人より不得意でも楽しんでいるプレイヤーがより課金をする課金設計(マネタイズ)なので
一番大事にしないといけないライトユーザーを次々と引退させてしまったわけです


これに関しては初心者を狩る側が悪いとは言えません、対戦ゲームは相手が初心者であろうが勝てば楽しい人がいるのも仕方ないでしょう
なので初心者狩りがずっと行われている状況を放置する運営が全面的に悪く、あまりにも酷いのです

今回は格差マッチング編でした
私はリンクスリングスが大好きです、必要な改善を放置してサービス終了を早め
ユーザーを裏切るようなことをしていてそれが許せません

業界関係者の方もこの史上最悪のリンクスリングスの運営のサムザップさんを反面教師にしていただければ幸いです

ご拝読ありがとうございました
次回は課金システム(マネタイズ)の問題についての解説を予定しています

よろしければTwitterのフォローや拡散、「それは違う」と思ったらコメントなどで気軽にご意見などもいただけると励みになります

コメント

非公開コメント